疎外感の精神病理

疎外感の精神病理

和田秀樹

1,100円(税込)
クーポン利用で600円獲得へ
3

現代日本人を読み解くキーワード世界を襲ったコロナ禍により、さまざまな形で私たちの心のありようは変わったと言える。他人と接触することがはばかられた時間を経て、他人との交流が増えたいま、人とうまくつながれず表面的な関わりしか持てなくなってしまった人や「みんなと同じ」からはずれる恐怖を感じる人は実に多い。これは若い人だけの問題ではなく中高年でも多く見られる現象でもある。本書では日本人を蝕む「疎外感」という病理を心理学的、精神医学的に考察。どう対応すれば心の健康につながるのかを提案する。【主な内容】・「みんなと同じ」現象の蔓延・コロナに続くウクライナ情勢を疎外感から読み解く・あぶり出された人と会うのがストレスの人・8050の嘘・高齢者の「かくあるべし」思考と福祉拒否・介護拒否・ホワイトカラーの老後と疎外感・スマホの普及という新たな依存症のパラダイム・コミュ力という呪縛・共感という圧力・疎外感とカルト型宗教・周囲が心の世界の主役のシゾフレ人間・対極的なシゾフレ人間とメランコ人間・人と接していなくてもいいという開き直り・ひとりを楽しむ能力を与える

ジャンル
ビジネス
出版社
集英社
掲載誌/レーベル
集英社新書
提供開始日
2023/09/15

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】600円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する