ぼくはおとうと

小原 愼司

648円(税込)
ポイント 6pt

「僕はときどき姉さんの首をしめます」2年前に両親を事故で亡くし、2人きりで暮らす姉と弟。人生はキビシイ。敵だらけでもないが、味方はいない――。10代の日々の不安、焦燥感、そして確かな変化を、小原愼司が静かで緊張感のある画で、叙情的に描き出す!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

セーフモード