小説で読みとく古代史 神武東遷、大悪の王、最後の女帝まで

小説で読みとく古代史 神武東遷、大悪の王、最後の女帝まで

周防 柳(著)

1,023円(税込)
クーポン利用で523円獲得へ
5

ヒミコは二人いた? 東遷は何度もあった? 気鋭の作家が古代史の謎に切り込む!「歴史的なあの事件」は本当に教科書どおりに起こったのか? いや、私はこう考える――。歴史を題材にした小説作品に定評のある著者・周防柳が、松本清張、井上靖、邦光史郎、黒岩重吾、永井路子ら往年の大作家から、澤田瞳子、坂東眞砂子、さらには諸星大二郎、安彦良和ら漫画家まで、彼らが自作で展開した諸説を紹介しながら、自らも事件の背景や人物像を考察していく、学校では絶対に教えてくれない、スリリングな古代史入門書。第一章 邪馬台国は二つあったか――大和と筑紫の女王卑弥呼第二章 神武は何度東遷したか――記紀神話と初期大和政権第三章 応神天皇はどこから来たか――河内王朝と朝鮮半島第四章 大王アメタリシヒコとは何者か――馬子と推古と厩戸皇子第五章 天智と天武は兄弟か――対立から見た白村江、壬申の乱第六章 カリスマ持統の狙いは何か――不比等と女帝たちの世紀古代史小説ライブラリー(神話世界~八世紀奈良時代)

ジャンル
学術・学芸
出版社
NHK出版
掲載誌/レーベル
NHK出版新書
提供開始日
2023/03/14

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】523円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効