へうげもの 7巻

完結

山田芳裕

648円(税込)
ポイント 6pt

茶の湯と物欲に魂を奪われた戦国武将・古田織部(ふるた・おりべ)。天才・信長(のぶなが)から壮大な世界性を、茶聖・千利休(せんの・りきゅう)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。山上宗二(やまのうえ・そうじ)の死。伊達政宗との遭遇。小田原征伐に従軍した織部の運命が揺れる。生か死か、武か数奇か、それがますます問題だ!!

続きを読む
  • へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono 全 25 巻

    未購入巻をまとめて購入

    へうげもの TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE. Hyouge Mono 全 25 巻

    16,200円(税込)

レビュー

4.3
11
5
4
4
7
3
0
2
0
1
0
  • 2011/08/28Posted by ブクログ

    今日、僕の職場であるデイサービスでお茶会を開いた。 もちろん僕が亭主だ。 その名も二千利休。 千利休よりも2倍も侘び数寄者である事を自認して、ではない。 「ニセの利休」との駄ジャレだね。 それでも、作...

    続きを読む
  • 2011/06/28Posted by ブクログ

    宗二を、わび数寄の芽を奪われた利休の恨み、そう「恨み」を描く。石田三成の忌むべきキャラもうまい。その三成にたてつき、現場を尊ぶ織部がかっこいい。

  • 2010/07/22Posted by ブクログ

    秀吉の北条攻め編。 北条方に身を寄せていた山上宗二を処刑したことにより、利休による秀吉への反逆が始まる。 六本木のエピソードが面白い。

もっと見る

セーフモード