モチベーション脳 「やる気」が起きるメカニズム

モチベーション脳 「やる気」が起きるメカニズム

大黒 達也(著)

968円(税込)
クーポン利用で468円獲得へ

気鋭の脳神経科学者が、“飽きない脳”の仕組みを解説やる気のある人や状態は、やる気のない状態から意識的にやる気を出したわけでなく、脳が「ワクワク」した結果、身体が勝手に動いてノリノリになっている場合がほとんどです。無意識であるという意味では、本来やる気などは存在しません。そのような思い込みが作り出した「モチベーションの壁」を壊すには、脳の喜びを心身に伝えるしかないのです。モチベーションアップの行動を起こすためには、誰もが生まれつき持っている脳の「統計学習」の機能が有効な手段となります。統計学習とは、脳の潜在的(無意識的)な学習機能です。統計学習によって、脳はさまざまな事柄に対して「次にどんなことがどのくらいの確率で起こるか」を予測し、社会環境の中で何に注意を向けるべきかを適切に察知できます。統計学習において、知っていることばかり起きると脳は「飽きて」しまいます。逆に、脳がワクワクするような適度に新しい出来事が起こると脳のモチベーションが維持され、やる気が身体に伝わるのです。はじめに第1章 脳は勝手に判断する――脳の予測とモチベーション第2章 「脳の壁」を壊す――変化と維持のせめぎあい第3章 脳と思考の関係――意欲をコントロールする仕組み第4章 脳の「思い込み」――不満を減らすか、満足感を増やすか第5章 最高のモチベーションのために――自ら意欲を高めるおわりに

ジャンル
ビジネス
出版社
NHK出版
掲載誌/レーベル
NHK出版新書
提供開始日
2023/02/10

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】468円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する