ウィーン・フィルの哲学 至高の楽団はなぜ経営母体を持たないのか

ウィーン・フィルの哲学 至高の楽団はなぜ経営母体を持たないのか

渋谷 ゆう子(著)

1,023円(税込)
クーポン利用で523円獲得へ
6

正統にして先鋭。180年受け継がれてきた音楽と伝統の奇跡言わずと知れた世界最高峰のオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。なんと彼らは創設から一貫して経営母体を持たず、その運営を演奏家たち自身が行っている。なぜ彼らは長きにわたり後ろ盾なしで存続し、伝統を守り続けてきたのか。2020年、コロナ禍でコンサート開催が困難を極めた時期の来日公演の舞台裏から、組織のマネジメント形態や奏者たちによる「民主制」の内実、偉大な音楽家との関わりや戦時の対応、変化するマネタイズの手法まで。音楽ジャーナリストとして楽団長や団員に取材を行い、同時に彼らのレコーディングにも参加する著者が明かす、180年続くウィーン・フィルの「行動原理」。第1章 音楽界のファーストペンギン第2章 ウィーン・フィルとは何者か第3章 ウィーン音楽文化と自主運営の歴史第4章 戦争が落とした影第5章 王たちの民主主義第6章 アート・マネジメントの先駆として

ジャンル
趣味・実用
出版社
NHK出版
掲載誌/レーベル
NHK出版新書
提供開始日
2023/01/12

この作品をシェアする

Xでポスト
閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】523円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効