みんなでつくる“暮らし日本一” 「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」から学ぶまちづくりのヒント

みんなでつくる“暮らし日本一” 「鳥取県×日本財団共同プロジェクト」から学ぶまちづくりのヒント

木田 悟史

990円(税込) クーポン利用で495円獲得へ
1%獲得

9円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 495(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

キーワードは「濃いつながり」「おせっかい人材」「学びの場」!“暮らし日本一”をコンセプトに推進されたプロジェクトでは何を拓き、何を成し遂げ、何を学んだのか? 6年間にわたるその全貌は多種多様なヒントに溢れている!*人と人とのつながり、しかも「濃いつながり」が暮らしやすさを形成する*挑戦や価値創造の源泉となる「つながり」を醸成するには、コミュニティの内と外をつなぐ、「おせっかい人材」が必要*困っている人がいたらちょっと助けてくれる、思い立ったらすぐにアクションを起こす「おせっかい」気質を育むには、「学びの場」こそが重要プロローグ 日本財団とは? そしてなぜ鳥取県との共同プロジェクトなのか?〈事例 1〉新たなまちづくりへの挑戦 商店街を福祉のまちへ!〈事例 2〉町民参加型ケーブルテレビで新しいつながりを構築〈事例 3〉空き家をまちの魅力化に活用!〈事例 4〉給食の器を自分でつくる、地域の子供も参加する「工芸の郷」〈事例 5〉「買い物難民」解決は新しい拠点と共助交通の導入〈事例 6〉教えるのではなく、やりたいことをサポートする「ふるさと教育」〈事例 7〉UDタクシー導入でドラスティックに変わったこと〈事例 8〉出産から看取りまで「いのち」に寄り添いますエピローグ 鳥取で仕事をさせていただいて、感じたこと

続きを読む