車載半導体 争奪戦―週刊東洋経済eビジネス新書No.379

車載半導体 争奪戦―週刊東洋経済eビジネス新書No.379

編:週刊東洋経済編集部

440円(税込) クーポン利用で220円獲得へ
1%獲得

4円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 220(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

自動車業界は2020年前半の新型コロナウイルスによる大減産から一転、その年末にかけて急速に販売が回復してきたが、半導体不足という新たな壁に行く手を阻まれた。2021年1~3月の半導体不足に伴う減産影響は世界で100万台近くになるとの推計もある。なぜ半導体不足が自動車産業を直撃したのか。そこには、単なる需要の急回復だけではない、今とこれからの産業構造の変化も見てとれる。半導体パニックが製造業王者・自動車業界に突きつけた課題は重い。本誌は『週刊東洋経済』2021年3月27日号掲載の28ページ分を電子化したものです。情報は底本編集当時のものです。このため、その後の経済や社会への影響は反映されていません。

続きを読む