文在寅政権最後の暴走

文在寅政権最後の暴走

シンシアリー

946円(税込) クーポン利用で473円獲得へ
1%獲得

9円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 473(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

クーポンを変更する

累計70万部突破!「一線」を越えた韓国の蛮行で「嫌韓」は拡大、加速する!自由民主主義陣営で大いに評価される日本と、「対日策」で惨敗した韓国の「外交力」の差は桁違い。「次期大統領候補適合度(支持率)調査」結果も分析!■「朝鮮半島情勢の悪化に漁夫の利」と日本を非難■「日本は拉致被害者問題を提起してはならない」■「文大統領は反日ではない」とする日本への「ラブコール」■文政府を継承する李在明氏は、「反日」発言の常連■「東北亜グリッド構想」は、日本を中朝陣営に引き寄せる策略■オリンピックで「君が代」が流れただけでテレビ番組が処罰■韓国は、福島原発事故による放射能が危険でないことを知っていた■韓国政府が行う「放射線という恐怖マーケティング」【目次】序 章「正しい国」を目指した「三つの策」第一章 お粗末な「仲介外交」で米朝激怒第二章 惨敗した文在寅大統領の「対日策」第三章 韓国の「恐中」土下座外交第四章 暴走する韓国人の「自己愛」第五章 文政権の野望と次期大統領候補第六章「一線」を越えた韓国の蛮行

続きを読む