新版 知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命

新版 知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命

康熙奉

1,100円(税込)
クーポン利用で600円獲得へ
1

朝鮮王朝時代に、漢陽(現在のソウル)の都に建てられた景福宮、昌徳宮、昌慶宮、徳寿宮の豪華絢爛な王宮の“大奥”では、王を支えた女性たちによる戦いが繰り広げられていた。正室も側室も女官たちも、権勢を掌中に収めようと心をくだく。多くの王妃たちが我が身の安定と幸せを求めながらも、謀略と嫉妬によって運命を大きく揺さぶられる。韓流時代劇に描かれた、波乱万丈のドラマの時代背景や社会状況をわかりやすく紹介。韓流ドラマで描かれたストーリーがますます楽しくなる。歴史に埋もれた女性たちの人生を左右した真実に迫る。※本書は2011年に刊行された「知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命」(実業之日本社刊)を一部改稿し、再刊行したものです。改稿の際に、専門ウェブメディア「韓ドラ時代劇.com」に著者が執筆した原稿も生かされています。【目次】第1章 韓国時代劇が面白く王宮の人間模様を映し出す!「七日の王妃」のヒロインはなぜ七日で廃妃になったのか「カンテク」を見ると大妃と大王大妃の違いがよくわかる「トンイ」は朝鮮王宮の内情を詳しく紹介してくれたドラマ「イ・サン」に登場する三人の王妃の人生模様を見てみよう「イ・サン」と「トンイ」をつなぐ鍵は”翡翠の指輪”王宮の医女として活躍した「チャングム」の実像に迫る最も波乱万丈だった時代を描いた「王と妃」王宮がわかれば韓国時代劇をもっと理解できるようになる「王になった男」に登場する王妃と大妃は史実でどう生きたか王や王妃に対する呼び方には厳格な決まりがあった王妃と側室の関係を如実に教えてくれる「女人天下」朝鮮王宮なるほどQ&A(1)第2章 なぜ王妃は波乱に満ちた人生を迎えたのか王妃は嫉妬を見せてはいけなかった歴代王はどれだけの子供をもうけたのか朝鮮王朝創設時の王妃「神徳王后・康氏」(初代王・太祖の正妻)陵墓まで格下げになった”悲しき王妃”王宮に住む女官にとって最大の野望は何だったのかすべての望みをかなえた「明聖王后・金氏」(18代王・顕宗の正妻)王妃の息子は王宮でどのように育てられるのか息子の在位が長くなれば母は最高の幸せを味わう朝鮮王宮なるほどQ&A(2)第3章 悪女から妖女まで王宮にはこんな人がいた!最悪の暴君を産んだ「斉献王后・尹氏」(9代王・成宗の正妻)民衆から憎まれた悪女の象徴「張緑水」(10代王・燕山君の側室)世子の焼死を画策した「文定王后・尹氏」(11代王・中宗の正妻)王妃の後ろ楯を得て暗躍した「鄭蘭貞」(文定王后・尹氏の弟の正妻)王の陰で非情な悪事を働いた「金介屎」(15代王・光海君の側近)これぞまさに魔性の女「張禧嬪」(19 代王・粛宗の正妻)政治を思いのままに操った「貞純王后・金氏」(21代王・英祖の正妻)実家偏重で政治を私物化した「純元王后・金氏」(23代王・純祖の正妻)朝鮮王宮なるほどQ&A(3) 第4章 王族の女性たちは果敢に運命の扉を開けた廃妃の危機に直面した「元敬王后・閔氏」(3代王・太宗の正妻)実家の栄華と没落を経験した「昭憲王后・沈氏」(4代王・世宗の正妻)7代王・世祖を呪い続けた「顕徳王后・権氏」(5代王・文宗の正妻)数多い王女の中で一番有名なのが「敬恵王女」と「貞明公主」垂簾聴政で国政を動かした「貞熹王后・尹氏」(7代王・世祖の正妻)父と息子を光海君に殺された「仁穆王后・金氏」(14代王・宣祖の正妻)夫と一緒に王宮から追放された「廃妃・柳氏」(15代王・光海君の正妻)ひどい仕打ちを受けた「昭顕世子の妻・姜氏」(16代王・仁祖の長男の正妻)廃妃のあと王妃に返り咲いた「仁顕王后・閔氏」(19代王・粛宗の正妻)実家のために夫を見放した「恵慶宮・洪氏」(22代王・正祖の母)朝鮮王宮なるほどQ&A(4) 王妃から見た朝鮮王朝の歴史

ジャンル
ノンフィクション
出版社
実業之日本社
掲載誌/レーベル
じっぴコンパクト新書
提供開始日
2021/11/05

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】600円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する