小説CUBE コンティニュード

著:黒崎リク 脚本:徳尾浩司

693円(税込) クーポン利用で346円獲得へ
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 346(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

世界的な大ヒット映画『CUBE』の日本版リメイク映画『CUBE 一度入ったら、最後』が、菅田将暉ら豪華キャストで10月22日から全国公開!小説版では、映画冒頭で死ぬ「最初の男」が死ぬまでに何があったのか、CUBEで目を覚まし脱出を目指す姿が描かれます。映画につながるストーリー(もうひとつの脱出劇)として、新しい「CUBE」の世界をお楽しみください。※冒頭の口絵の一部が電子版には含まれておりません。予めご了承ください。(あらすじ)眠りから覚めて目に入ったのは、無機質で冷たい部屋だった――。年齢も素性もバラバラな6人の男女が閉じ込められたのは、少しでも気を抜けば「死」に直結するトラップが仕掛けられた<謎の立方体・CUBE>。なぜ彼らは閉じ込められたのか?一人の犠牲者が出たことで、かりそめの協力関係は崩壊を迎え……。映画『CUBE 一度入ったら、最後』につながる、もう一つの物語。(C)2021「CUBE」製作委員会

続きを読む

セーフモード