新宿ダンボール村 迫川尚子写真集 1996-1998

著:迫川尚子

2,200円(税込) クーポン利用で1700円獲得へ
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,700(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。時代と人間の記録として第一級。共感をベースにしたリアルな視線と、柔軟なカメラ・ワークに支えられた都市(日本)のドキュメンタリーとして貴重な一冊。――森山大道新宿に出現した段ボール村に毎日通いつめ、撮影した貴重な記録。いま、見えなくされたホームレスたちの姿が、ここにある。ベルク副店長兼写真家、迫川尚子、待望の第2作。「朝日新聞」(2013.7.14読書面「著者に会いたい」)「図書新聞」「信濃毎日新聞」などでも話題。都庁を建て、使い捨てにされ、その近くでひっそり暮らしていた。「動く歩道」ができて、排除された。ふだんお互いに関わりを持たない、路上生活者が、その時ばかりは身を寄せあい、新宿駅西口改札前広場に段ボール村が出現した。2年間にわたり彼らは自分たちの存在をアピールした。

続きを読む

セーフモード