ビル・エヴァンスと過ごした最期の18か月

New

著:ローリー・ヴァホーマン 訳:山口三平

2,530円(税込) クーポン利用で2030円獲得へ
1%獲得

25pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 2,030(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

ビル・エヴァンス最期の恋人が綴る、ジャズと薬と性と愛、そして死。“時間をかけた自殺”とも評された最晩年の記録。巨匠ビル・エヴァンスの最晩年。その人生と愛と音楽とが交差する地平――山中千尋さん推薦!1979年4月、薬物が原因で妻ネネットと別居中だったビルとの出会いによって、ローリーの人生が大きく変わり始める――。著者は、ビル・エヴァンス生誕90周年記念公開作『タイムリメンバード』にも登場したローリー・ヴァホーマン。70年代末のジャズシーンを背景に、憧れの地ニューヨークでの挫折、ビル・エヴァンスと交わした愛、希代のジャズピアニストが生涯にわたり苦しみ続けたドラッグとの関わり、正妻との対面、そしてビルが息を引き取る瞬間までを赤裸々に綴る。ビル直筆のラヴレター(翻訳付き)、ローリーに捧げて書かれた曲の楽譜、イラスト、写真など本邦初公開となる図版も多数収録。

続きを読む

セーフモード