かぞえきれない星の、その次の星

かぞえきれない星の、その次の星

著者:重松清

1,870円(税込) クーポン利用で1370円獲得へ
1%獲得

18円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,370(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/08/31 23:59 まで有効

獲得

さみしさは消えない。でも、希望は、あるかぞえきれないものを、ときどき見たほうがいい。ぼくたちは皆、また間違えてしまうかもしれないから――感染症がひろがり休校になってしまった春、子どもたちのためにこいのぼりが企んだのは……。「こいのぼりのナイショの仕事」「こいのぼりのサイショの仕事」大切で大好きな相手であればあるほどいまは会えない。父と娘は、画面越しで会話する。「天の川の両岸」ミックスルーツのリナはお母さんと二人暮らし。「日本人らしい」っていったい何だろう――。「コスモス」「星のかけらには、さみしさが埋まってる」夜空にちりばめた、11の小さな星たちの物語「誰かに会いたいと思ってるとき、ほんとうはもう会えてるのかもしれないな」収録作品:こいのぼりのナイショの仕事/ともしび/天の川の両岸/送り火のあとで/コスモス/原っぱに汽車が停まる夜/かえる神社の年越し/花一輪/ウメさんの初恋/こいのぼりのサイショの仕事/かぞえきれない星の、その次の星雑誌「小説 野性時代」掲載作に書き下ろしを加えた、全11篇

続きを読む