動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか

進化の末に、動物は「賢さ」を獲得した。それは人間も、サルも、カラスも、イルカも、タコも、みんな同じである。われわれは自分たちだけが賢いと思っていないか?心理学との境界線を行くユニークな動物研究の分野を開拓してきた著者が、 動物行動学の歴史から最新の研究まで、豊富な事例を示すとともに読者へと問いかける。ドゥ・ヴァールが新たに提唱する「進化認知学」とは――人間中心の科学から脱却し、動物の認知とは何かを見つめなおす。 驚きのエピソード満載、著者自身の手によるイラスト多数。待望の最新作! ●チンパンジーは食べ物のありかを知っていることを悟られないようにふるまう●カケスは相手が何を欲しがっているか見極めてプロポーズの贈り物を選ぶ●アシナガバチは一匹ずつ顔が違い、仲間の顔を見分けている●タコは自分を攻撃した人間を覚えていて、怒りをあらわにする

みんなの感想
ジャンル
学術・学芸
出版社
紀伊國屋書店
提供開始日
2021/08/12

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,700円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効