海獣学者、クジラを解剖する。~海の哺乳類の死体が教えてくれること~

著:田島木綿子

1,683円(税込) クーポン利用で1183円獲得へ
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,183(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

電話1本で海岸へ出動、クジラを載せた車がパンク、帰りの温泉施設で異臭騒ぎ――。日本一クジラを解剖してきた研究者が、七転八倒の毎日とともに海の哺乳類の生態を紹介する科学エッセイ。「田島さん、クジラが打ち上がったよ」電話1本で海岸へ出動!解剖は体力&スピード勝負、クジラを載せたクレーン車がパンク、帰りの温泉施設で異臭騒ぎ、巨大な骨格標本ができるまで――。海の哺乳類の知られざる生態に迫るなか、人間が海洋環境に与える影響も見えてきた。日本一クジラを解剖してきた研究者が、七転八倒の毎日とともに綴る科学エッセイ。彼らはなぜ、生きる場所として再び海を選んだのだろう。海での暮らしに適応するために、どんなふうに進化していったのだろう。そして、なぜ海岸に打ち上がるのだろう。それが知りたくて、一つ一つの死体から聞こえる声に日々耳を澄ます。(はじめに より)<内容>1章 海獣学者の汗まみれな毎日山積みのオットセイとの出会い/「鯨骨スープ」の臭いにまみれる/海の哺乳類は体重がハンパじゃない/ストランディングは突然に2章 砂浜に打ち上がる無数のクジラたちシロナガスクジラとの遭遇/赤ちゃんクジラの胃からプラスチック/シャネルNo.5はマッコウクジラのニオイ/クジラは爆発する3章 ストランディングの謎を追うなぜクジラは海岸に打ち上がるのか/調査には一流の道具を使うべし/外貌(見た目)調査で死因を探る/内臓の調査は“超ガテン”作業4章 かつてイルカには手も足もあった手はヒレに、足は無くなる/超音波で周囲の情報をキャッチする/イルカやクジラの内臓は丸っこい/小さな殺し屋クジラ「ユメゴンドウ」5章 アザラシの睾丸は体内にしまわれている水族館のショーはアシカ科の独壇場/水中生活により適応したアザラシ科/野生アシカの群れはすさまじく臭う6章 ジュゴン、マナティは生粋のベジタリアン「人魚伝説」に意義あり!/ラクに水中を浮き沈みできる秘密/ステラーカイギュウはなぜ絶滅したか7章 死体から聞こえるメッセージ死因につながる一筋の道を全力で探す/海洋プラスチックが見つかるとき/環境汚染物質「POPs」の脅威/人と野生動物が共存できる道とは

続きを読む

セーフモード