亜ノ国ヘ 水と竜の娘たち

完結

著者:柏葉幸子

1,870円(税込) クーポン利用で1370円獲得へ
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,370(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

異世界で母になる。不妊治療の末、離婚した「私」が見知らぬ少女の母になる――亜ノ国で。【どんでん返し×異世界エンタテイメント!!】第54回野間児童文芸賞作家 新作!柏葉幸子原作『岬のマヨイガ』、2021年8月27日より全国ロードショー!●あらすじ不妊治療の末、夫が浮気相手と子どもを作り、離婚した塔子。帰った故郷で見つけた亡き祖父のトランクは、異世界への扉だった。魔力が支配する過酷な世界「亜ノ国」に飛ばされ、塔子は村の娘ムリュの世話係を任される。一目会ったときから、なぜかムリュに夢中になる塔子。六十年に一度城で行われる「六祝の儀」にムリュも参加するというが、それは少女たちが競い合う、命がけの儀式だった。塔子はムリュを守り、生き残れるのか。すべての母と娘に贈る感動の物語。● 「亜ノ国」で六十年に一度行われる、特別な少女「六祝様」を選ぶ儀式。村の領主の妻リフェは自分の野望のために、娘ムリュが選ばれるよう画策し、異世界からやってきた塔子にムリュの世話係を任せた。「ムリュを泣かせないで。涙のあとをつけたまま城に行くわけにはいかない」 塔子はうなずいて、ムリュのそばへしゃがみこんだ。スミレ色の瞳はもううるんでいる。「ハリといいます」と腕をさしのべると、ムリュは素直にすぐ塔子に体をあずけた。この日から、塔子にとってムリュは特別な存在となった。どんでん返し×異世界エンタテイメント!!

続きを読む

セーフモード