一次資料で正す現代史のフェイク

一次資料で正す現代史のフェイク

有馬哲夫

968円(税込) クーポン利用で484円獲得へ
1%獲得

9円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 484(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

米英の公文書館、および資料館などに所蔵されている一次資料をもとに、日本で定説となっている太平洋戦争開始と終戦に至るまでの「史実」を覆し「歴史の真実」を明らかにする。加えて、「慰安婦問題」における国連報告書の知られざる事実を指摘する。第一章 チャーチルは真珠湾攻撃を知らなかったはフェイクだ第二章 戦争が長引いたのは日本軍の頑迷さのせいだはフェイクだ第三章 日本はソ連の対日参戦を知らなかったはフェイクだ第四章 アメリカが原爆の投下を事前に警告したというのはフェイクだ第五章 原爆がアメリカのものだというのはフェイクだ第六章 ソ連は原爆投下と無関係だというのはフェイクだ第七章 日本が無条件降伏したというのはフェイクだ第八章 中国の尖閣諸島に関する主張はフェイクだらけ第九章 クマラスワミ報告書(付属文書1)は最悪のフェイク文書だ

続きを読む