伯爵を待ちわびた壁の花

マデリン・マーティン/高山 恵

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 407(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

拒まれた乙女の初恋は、あの夜に置き去りにされたまま。社交界デビューの夜、バイオレットの夢は砕け散った。幼なじみのセスと最初のダンスを約束していたのに、彼女のドレス姿を見たとたん、彼は何も言わずに背を向け、そのまま別れの言葉もなく戦地へ行ってしまったのだ。わたしが美しくないから、きっとセスは幻滅したんだわ……。それからの月日は絶望のうちに過ぎ、6年が経った。夫を見つけられないなら出て行けと父に叱られたバイオレットの前に、戦地から帰還したセスが現れる。罪深いほどすてきな男性になって。兄亡き後ダルトン伯爵の称号を継いだ彼は、近く妻を迎えるという。そして、彼はバイオレットにきいたのだ。「なぜ君はまだ独身なんだ?」■『公爵と氷の微熱』で華々しいデビューを飾った期待の作家、マデリン・マーティン。今回はその関連作です。壁の花、行き遅れ、と揶揄されるバイオレット。伯爵となったセスにとって、妻選びなどよりどりみどり。「壁の花」や「行き遅れ」と揶揄されるバイオレットに、チャンスがあるはずもなく……。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2021/07/04
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード