【最新刊】地域包括ケア時代の 地域包括支援センター

地域包括ケア時代の 地域包括支援センター

著:高橋紘士 著:田中明美 著:筒井孝子 著:中恵美 著:中澤伸 著:山本繁樹

3,080円(税込)
1%獲得

30pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 2,580(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。地域包括ケアシステムの構築へ、その要となる地域包括支援センターの役割を詳説する! 高齢者を含むすべての世代の人の尊厳保持と自立生活支援の目的のもと、住み慣れた地域で人生を全うできるよう、地域の包括的な支援・サービスの提供等、2025年を目処に地域包括ケアシステムの構築が進められています。 本書は、本格的な地域包括ケア時代の到来に向けて、その概念、しくみ、構築への道筋、そしてその中心となる地域包括支援センターの役割の進化等について、実例を交え体系的にまとめた書籍として発行するものです。はしがきにかえてI編 地域包括支援センターの位置づけとこれまでの実践II編 地域包括支援センターにおける他機関との連携III編 地域包括支援センターの機能評価とガバナンスの強化

続きを読む
ページ数
247ページ
提供開始日
2021/06/18
出版社
オーム社
ジャンル
学術・学芸

セーフモード