法陣遣いの流離譚(3)

法陣遣いの流離譚(3)

空館ソウ/桜みとぎ

1,188円(税込) クーポン利用で688円獲得へ
1%獲得

11円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 688(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

クーポンを変更する

〈あらすじ〉「小説家になろう」で1100万PV超の人気異世界ファンタジー最新刊!主人公は自らの罪を乗り越えていくことができるのか──流離譚第三幕、開演!リヴァイアサンを倒した後、ザート達はブラディア辺境伯がアルドヴィン王国から独立した事を知らされる。アルドヴィン王国はさらにホウライ皇国との同盟を解消し、皇国がバルド教から保護していたティルク人の奴隷化を認めた。ザート達は、自らが設立するクランに皇国軍を編入し、難民となったティルク人を救出するためアルドヴィン王国に上陸する。難民救出で訪れた港湾都市クロメ、そこはザートの生まれ故郷。今では奪われた両親の商会は、ティルク人奴隷売買に手を染めていた。商会長トール・バルブロ、彼はザートを陥れたバルブロ商会長の次男で、ザートの妹ユノの夫。ザートは、学院時代に背負った咎と向き合うことになるのだった。※注:PV数は2021年12月1日現在〈著者からの一言〉三巻を刊行することができ、読者関係者の皆様に大変感謝しております。本作はWeb版『法陣遣いの流離譚』四章を改稿し、大幅に加筆したものです。具体的には改稿分が4割、新規書き下ろしが6割です。実質一巻まるごと書き下ろしなのでは?とすら思います。狙撃、潜入、逃亡、再会……様々なイベントが起こります。著者的には、表紙にてようやく獣人ヒロインの耳と尻尾を拝むことが出来て感無量です!

続きを読む