雨夜の星たち

New

著:寺地はるな

1,485円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    できないことは、できません。やりたくないことも、やりません。三葉雨音は他人に感情移入できない26歳。同僚星崎くんの退職を機に、仕事を辞める。他人に興味を持たない長所を見込まれ三葉は「お見舞い代行業」にスカウトされ、移動手段のないお年寄りの病院送迎や雑用をする「しごと」をはじめる。文芸界の注目著者が「めんどうな人」の機微を描く!【主な登場人物】◆三葉雨音 26歳。職業はお見舞い代行。他人に興味がない。◆霧島開 三葉の雇い主。喫茶店の店主で、ホットケーキが苦手。◆リルカ スナックで働く、感情豊かで共感能力が高い霧島の彼女。◆星崎聡司 三葉の元同僚。湯気の立つ食べものが苦手。失踪中。【依頼人たち】◆田島セツ子 病院への送迎。聞き上手な80代。◆権藤 肝臓の病気で入院中の70代。因縁の相手。◆清川好美 手術の付き添い。配偶者なしの42歳。

    続きを読む
    • 雨夜の星たち 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      雨夜の星たち 全 1 冊

      1,485円(税込)
      14pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 6/9。ソーシャル・ディスタンス(「ディスタンシング」のが正しいのかもしれんが)必須な現代での、人との、とりわけ母子の心の距離感のお話。娘(母子の子の立場)であるよりも子らの母である意識の方が圧倒的に...

      続きを読む
    • やっぱり寺地作品好きだ。 そして三葉好きだ。 けっこう自分のなかでタイムリーなテーマ。職場のなかで求められる忖度、同調圧力のようなものにほとほと嫌気がさしていたところでこの作品。三葉さんはある種のヒー...

      続きを読む
    • お見舞い代行業が実際にあってもおかしくない読んでいて思ってしまいました。 三葉雨音の行動に思い入れがあり共感するところがありました。 星崎くんとの関係がもっと進展すれば良いなぁと感じました。 最後読ん...

      続きを読む
    • 自分がすることは他者や環境に左右されるものではなく、自分の意志ですべきだと感じさせられた。それでもそんな生き方は今の世の中には適していないと思う。社会で暮らすって大変。

    セーフモード