【最新刊】危機の権力

危機の権力

塩田 潮

980円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 490(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

【バブル崩壊からコロナ禍まで歴代宰相が直面した危機の連鎖!】危機は「裸の首相」の映し鏡である。時代は変わった。世界は一変した。新型コロナウイルスの蔓延が中国・武漢市で広がったのは二〇一九年晩秋からだった。その後、二年にわたってコロナ禍により「新しい生活様式」を強いられ、まっとうな日常や仕事を奪われる、と当時の日本人の誰が想像したか? 本書は後藤新平や高橋是清ら歴史上の「危機のリーダー」が直面した超克史を教訓に、歴代政権と宰相の決断の時を問う!〈本書の内容〉序 章 後藤新平と高橋是清第一章 コロナショックと安倍晋三第二章 コロナ危機と菅義偉第三章 バブル崩壊の深層第四章 阪神・淡路大震災と村山富市第五章 一九九七年金融危機と橋本龍太郎第六章 リーマンショックと麻生太郎 第七章 東日本大震災と菅直人終 章 危機の権力者〈本書の特長〉・バブル崩壊からコロナ禍まで、約30年間の国家的危機に、歴代宰相と政権が下した判断は正しかったのか徹底検証・歴代総理、時の政権最高幹部独占取材インタビュー掲載〈著者プロフィール〉塩田潮(しおた・うしお)1946年高知県吾川郡いの町生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』(講談社文庫)で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。主な著書に『日本国憲法をつくった男 宰相幣原喜重郎』『田中角栄失脚』『東京は燃えたか』(以上、朝日文庫)、『憲法政戦』『辞める首相 辞めない首相』『内閣総理大臣の日本経済』(以上、日本経済新聞出版社)、『密談の戦後史』(角川選書)、『まるわかり政治語事典』『内閣総理大臣の沖縄問題』(以上、平凡社新書)などがある。

続きを読む
提供開始日
2021/06/04

セーフモード