失敗の殿堂―経営における「輝かしい失敗」の研究

著:ポール・ルイ・イスケ 監訳:紺野登 訳:渡部典子

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「イノベーションには失敗が不可欠」と言うけれど…… では、どんなふうに失敗するのか?オランダのビジネススクールの「最高失敗責任者(CFO)」による進化と新しい価値を生み出すための実践理論一橋大学名誉教授・野中郁次郎氏推薦「本書は、明るい『失敗の本質』であり、知識創造の最良の方法だ」今の社会は、変化のスピードが速く、ますます複雑になってきている。経済や政治でも大規模な変革が続き、過去の知恵や経験に基づく推論は通用しない。予想もしない出来事が次々と起こってくる。今までのように成功体験ばかりを賞賛し、失敗を隠そうとする風潮は不合理だ。失敗は次の成功につながる学びの宝庫である。恐れることなく、果敢にリスクに挑まなければならない。本書は、イノベーションや持続可能なビジネスモデルを研究してきた筆者が、繰り返し起こる失敗のパターンを早期に認識する方法、本質的な学びを得る方法、不確実性を受け入れる方法など、思わぬ発見や新たな知見を価値創出につなげる手法を解説したものである。企業経営だけでない異分野の事例も多く紹介。日本語版コンテンツとして、監訳者による解説のほか、著者と監訳者が昨今の日本の状況に照らして書き下ろしの章(Chapter 11)を収録する。

    続きを読む
    • 失敗の殿堂―経営における「輝かしい失敗」の研究 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      失敗の殿堂―経営における「輝かしい失敗」の研究 全 1 冊

      2,640円(税込)
      26pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • 失敗を恥とせず糧とする文化醸成が必要。浸透するには時間が掛かりそうですが。Chapter5の失敗を16の型にはめて分析していたのが興味深い。 「私たちが何かを変えようと世界に働きかければ(作用)、そこ...

      続きを読む

    セーフモード