【最新刊】和の文様辞典 きもの模様の歴史

和の文様辞典 きもの模様の歴史

著:石崎忠司 編:石崎功

1,595円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    植物、動物、幾何学、自然風景、天体……。古くは縄文時代にはじまり、高麗文明と隋文明の影響を受け、日本独自の美意識から研ぎ澄まされていった和の文様。衣装、装飾品、装身具、器、仏具、神具に見られる中から、江戸時代の小袖文化により、日常着として柄が圧倒的に増えた和装文様をとりあげ、786柄を収録。読み方、名の由来、特徴ときものとしての用途を紹介する。きもの研究家として活躍した、石崎忠司による『きものの文様―初心者から専門家までの解説書―』。1973年に刊行された名著を、きものプロデューサーである次男の石崎功による、丁寧な解説加筆、可能な限りの図版カラー化により、リニューアル復刊! 見て、読んで、和の文化が学べる、和文様大全、ついに完成。*本書は、衣生活研究会より一九七三年に刊行された 『きものの文様―初心者から専門家までの解説書―』を改題し、大幅加筆修正の上、写真や図版を撮り直し、文庫化したものです。

    続きを読む
    ページ数
    288ページ
    提供開始日
    2021/05/12
    連載誌/レーベル
    講談社学術文庫

    セーフモード