「生きがい」と出会うために 神谷美恵子のいのちの哲学

若松 英輔(著)

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    喪失の時代、私たちを支える「他者」との邂逅古今東西の哲学者、宗教家、詩人、作家、そして無名の人々の言葉を引用し、「生きがい」とは何かを論じた神谷美恵子の『生きがいについて』。刊行から50年以上読み継がれるこの一冊は、神谷美恵子の生涯や他の作品に照らすとき、作家自身の精神的自叙伝としての姿を現す。誰かのために、何かのために必要とされることこそが「生きがい」であると考えた神谷は、一度は見失った「生きがい」をいかにしてふたたび見いだしたのか――。東日本大震災という「大きな喪失」を経験し、新型コロナウイルス禍という試練のなかにあって、わたしたちが「生きがい」を回復する方法について考える。

    続きを読む
    • 「生きがい」と出会うために 神谷美恵子のいのちの哲学 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      「生きがい」と出会うために 神谷美恵子のいのちの哲学 全 1 冊

      1,540円(税込)
      15pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 2021/05/01

      神谷美恵子さんの「生きがいについて」の解説を、東工大の若松先生が著したもの。「生きがいについて」はそんなに難しいものではないが、やはり専門家の解説があると理解が深まる。「生きがいについて、失うことと、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード