【最新刊】心が震えるか、否か。

心が震えるか、否か。

著:香川真司 構成:ミムラユウスケ

1,584円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本代表で長年、背番号10を背負い、欧州のビッグクラブで11年弱、闘い続けてきた。欧州の主要リーグで3連覇するなど実績は日本人選手ナンバー1だ。底知れぬ重圧にさらされ、迷い悩んだときに香川真司が大切にしてきた心の指針とは。香川真司の、最初で最後の著作となる。■内容紹介■「脚光を浴びる一方で、数多くの失敗をしてきた。それに後悔もたくさんある。紆余曲折の中で僕が何を考え、もがいてきたか、を記すことでアスリートのみならず、多くの人の糧になることを願っている」(香川真司)香川真司が日本を代表するサッカー選手になれたのは、小6の時の決断が大きかった。生まれ育った関西から、縁もゆかりもない仙台へと引っ越したのだ。小6のときに仙台の街クラブで経験した練習が忘れられず、「僕もこのチームでプレイしたい! 」、そう考え、祖母と二人暮らしを始めた。そこでサッカーに没頭。やがて、頭角をあらわし、セレッソ大阪に加入。そして、2010年に海外移籍をはたす。ドルトムントで欧州を席巻し、名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍するなど欧州で10年以上、踏ん張ってきた。その間、多くのことを経験してきた香川が、栄光、挫折、苦悩、重圧を赤裸々に明かす。1章 @SENDAI 13歳で縁もゆかりもない街へ。2章 @OSAKA 恩人たちとの出会い3章 @DORTMUND 熱狂を巻きおこす4章 @MANCHESTER 期待と重圧、そして挫折5章 @DORTMUND 原点に立ち返る6章 @RUSSIA ロシアW杯ドキュメント7章 @ISTANBUL 測りきれなかった、想いの強さ8章 @ZARAGOZA→@THESSALONIKI 信念を貫く

    続きを読む
    提供開始日
    2021/04/06

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 心が震えるか、否か。
      2021/04/29

      いままで明かされることのなかった移籍の舞台裏や、うまく行かなかったときにどのように考え行動したのか、香川真司のサッカー人生における軸を知れて、とてもおもしろかったです。

      Posted by ブクログ
    • 心が震えるか、否か。
      2021/04/29

      仕事のために何ができるか、何をするかということはプロとして、社会人として意識して行いたいなと感じた。
      普段の生活から自分を成長させること、自己投資は必要だと再認識

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード