【最新刊】モラニゲ モラハラ夫から逃げた妻たち

モラニゲ  モラハラ夫から逃げた妻たち

著者:榎本まみ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。突然の豹変、朝まで説教、人格否定...「夫といるとどうしてこんなに苦しいんだろう...」シリーズ累計17万部のベストセラー漫画家が、モラハラ夫から逃げた妻たちと専門家に徹底取材!「モラル・ハラスメント」の実態と、彼女たちがモラハラに気づいて抜け出す過程とその後を描いた実録モラハラ脱出コミック!!【目次】Case1 モエさんの場合「何が何だかわからないけどずっと苦しい」―人として価値がないと言われ続けてCase2 えにさんの場合「子どもには二度と会わない、養育費も払わない」―別居後、本当にお金で苦労しましたCase3 さくらさんの場合「我慢はしちゃダメなんだ」―嫁ぎ先は一家全員、モラハラ一族Case4 ミレイさんの場合「何でもっと早く言わなかったんだろう」―助けてって言うだけで手は差し伸べられたのにCase5 レイコさんの場合「もう消えたい」―無視、罵倒、暴力...ズタズタにされた自尊心とそれでも守りたかったものCase6 ナオコさんの場合「調子に乗るな」「はしゃぐんじゃない」―夫作成の謎ルール。気づいたら笑えなくなっていたCase7 ひろこさんの場合「嫌な相手からは逃げなきゃいけないんだよ」―壊れた家庭を捨てられなかった理由Case8 座談会~性的なモラハラについて~Advice1 弁護士 大貫憲介先生の見解Advice2 元女性センター相談員 熊谷早智子さんの見解Advice3 臨床心理士 本田りえ先生の見解

    続きを読む
    ページ数
    163ページ
    提供開始日
    2021/03/30
    出版社
    飛鳥新社
    ジャンル
    趣味・実用

    セーフモード