【最新刊】ものがたり西洋音楽史

ものがたり西洋音楽史

近藤譲

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    神への祈りの言葉から始まった,中世の教会音楽.多声音楽が花開いた,ルネサンス期.オペラが誕生し,器楽が興隆した,バロック時代.そして「芸術としての音楽」が追究された,古典派,ロマン派,モダニズム.時代を代表する作曲家と作品,演奏法や作曲法,音楽についての考え方の変遷をたどり,西洋音楽史を俯瞰します.

    続きを読む
    提供開始日
    2021/03/25
    連載誌/レーベル
    岩波ジュニア新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • ものがたり西洋音楽史
      2021/04/18

      とっても分かりやすくて、そのうえ示唆に富んでいる。中世から20世紀までを各時代ごとに概観していくのだけど、相対的に評価するスタンスをとっていて、これがいい。
      とはいえ、芸術っていかに独自性を出せるか、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ものがたり西洋音楽史
      2019/09/23

      主人公は音楽。教会での聖句の朗唱がポリフォニックになり、歌から器楽が独立し、調性や和音が確率し、それがまた対位法として紡がれ……あまたいる作曲家は、本書では脇役。西洋音楽がどのように変貌してきたかを見...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ものがたり西洋音楽史
      2020/05/26

      楽器経験は7年目だが大学からオーケストラをやることになったので、時代を代表する作曲家と作品、演奏法や作曲法、音楽についての考え方などを改めて学びたいと思い選んだ。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード