【最新刊】自民党幹事長 二階俊博伝

自民党幹事長 二階俊博伝

大下 英治

1,870円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 1,370(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

【最後のドン、その権力の立脚点。】「政界最後のキングメーカー」 自民党幹事長権力の深奥に迫る――。“ラストボス”二階俊博とは何者なのか!? 戦後最長の「安倍晋三」政権を与党・自民党幹事長として支え、現在の「菅義偉」政権の生みの親として、絶対的な権力を握るキングメーカーの核心に迫る政治ノンフィクション。政界の師・田中角栄の持つ歴代最長記録を超えた二階俊博の政治遍歴の深奥を著者独自の取材網から描く。〈本書の特長〉自民党政権最高幹部独占インタビュー取材〈目次〉■序 章 菅義偉総理が語る「二階幹事長」論■第一章 歴代最長幹事長・二階俊博の立脚点■第二章 菅義偉新政権樹立■第三章 和歌山県御坊市に生まれて■第四章 遠藤三郎の秘書として■第五章 和歌山県議から国政進出■第六章 激闘! 田中軍団■第七章 政界再編の激流■第八章 小泉純一郎「郵政解散」と二階俊博■第九章 経済産業大臣として■第十章 政界流転■第十一章 自民党幹事長 権力の実相■終 章 ラストボス 二階俊博の覚悟〈著者プロフィール〉大下英治(おおした・えいじ)作家。1944年広島県広島市に生まれる。1歳のとき被爆。父を失う。苦学の末、広島大学文学部仏文学科を卒業。大宅壮一マスコミ塾第七期生。1970年、『週刊文春』特派記者いわゆる“トップ屋””として活躍。圧倒的な取材力から数々のスクープをものにする。月刊『文藝春秋』に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が大反響を呼び、三越・岡田社長退陣のきっかけとなった。1983年、『週刊文春』を離れ、作家として独立。政治、経済、芸能、闇社会まで幅広いジャンルにわたり旺盛な執筆活動を続ける。近著に『安倍官邸「権力」の正体』(角川新書)、『電通の深層』(イースト・プレス)、『幹事長秘録』(毎日新聞出版)、『内閣官房長官』(MdN新書)など著書は450冊以上に及ぶ。

続きを読む
提供開始日
2021/03/19

セーフモード