【最新刊】図解できちんと理解するAfter Effects モーショングラフィックスパーフェクトガイド

図解できちんと理解するAfter Effects モーショングラフィックスパーフェクトガイド

著:石坂アツシ 著:山下大輔

2,992円(税込)
1%獲得

29pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。モーショングラフィックスの魅力はその動きにあります。目をひく動きで高いテンションの映像はとても魅力的です。Web には数多くのテンプレートがあり、誰でもすぐに高品質のモーショングラフィックスをつくることができます。ですが、それを自分なりにアレンジしたい、あるいは似たような映像をイチからつくりたい、という場合はどうしますか おそらく「こんな複雑な映像つくるのムリ! 」と思うでしょう。ところがです。その複雑な映像を構成するパーツを一つ一つ分離してみてください。それらは、ただ直線が移動しているだけだったり、円が広がっているだけだったりします。つまり、複雑な映像は実は単純な動きの重ね合わせであることが多いのです。ということは単純な動きの原理や調整方法をマスターしていれば複雑なモーショングラフィックスをアレンジしたり、つくり出したりできるようになるわけです。本書はそれらの単純な動きを原理から調整方法まで解説しており、大きな特徴として、モーションの原理を図解で説明しています。モーションを説明するには比喩や具体例を使うのが一番と考え図解という手法を使いました。この図解を理解し、次に単純なモーションを実際につくって個性的に調整してみてください。そうすることで複雑なモーショングラフィックスを自由に扱える力量を身につけることができます。「最もシンプルで最も身につくモーショングラフィックス指南書」それが本書です。皆さまが動きの基本を確実に身につけてオリジナルのモーショングラフィックスをつくり出すクリエイターに育っていくことを切に願っています。本書はロングセラー書「はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects」(ISBN978-4899774167)をマスターした人が次に読む本としてもオススメです!!

    続きを読む
    ページ数
    362ページ
    提供開始日
    2021/03/12
    出版社
    ラトルズ
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード