やわらかな足で人魚は

やわらかな足で人魚は

香月夕花

850円(税込) クーポン利用で425円獲得へ
1%獲得

8円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 425(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/10/31 23:59 まで有効

獲得

一体どうしたら自分は人間になれるのだろう。当たり前に愛される人間の子供に。タワマンを舞台に電話詐欺の嘘によって結びつく偽物の母と息子。“前科”のある中学教師と孤独な少女。悲しみを抱えた二人が出会うとき、世界は色を変える。『昨日壊れはじめた世界で』が話題沸騰のオール讀物新人賞作家の、痛々しいほど危うく美しい傑作短編集。四六時中わけもなく淋しくて、悲しくて、心許ない。まるで私たちの足元にはちゃんとした地面がないかのようだ。──「水に立つ人」人魚姫が王子を刺せなかったなんて、やっぱりウソだ。いつの間に引っ張り出したのか、赤い万能ナイフは陽の手の中にあった──「やわらかな足で人魚は」この短編集の五人の主人公たちは、皆、「どこにでもいるけれども、悲しみを抱えているとは傍目に分からない人たち」だ。香月夕花の描く世界は、どこまでも儚く、残酷で、美しい。満場一致でオール讀物新人賞を受賞したデビュー作「水に立つ人」と同名の短編集を改題し、「逃げていく緑の男」を追加して再構成。解説:川本三郎※この電子書籍は2016年10月に文藝春秋より刊行された単行本『水に立つ人』の文庫版を底本としています。

続きを読む