【最新刊】センスは脳で磨かれる

センスは脳で磨かれる

加藤俊徳

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    センスのいい、悪いは脳の“鮮度”で決まる! いま、ビジネスパーソンに最も必要とされる能力は、「センス」です。時代の先を読むセンス、相手の気持ちを察するセンス、アイデアのセンス、雑談のセンスなど、仕事のあらゆるシーンにセンスが求められます。しかしこれまでセンスとは先天的なものであり、それを後天的に鍛える方法はないとされてきました。本書は、脳の専門家である著者が、脳の4つの「脳番地」を鍛えることで、センスを磨くことができることを解明。具体的には、脳へのインプットを変えることでアウトプットの質を高めていきます。このアウトプットが、いわゆるセンスなのです。昨今はAIの台頭が目覚ましく、日常の事務処理的な仕事は、おそらくAIが取って代わるでしょう。そのとき私たち人間に求められる能力は、AIでは代替しにくいクリエイティブなものになっているはずです。そうなると、仕事における各人のセンスの高さがますます重要になってきます。そしてそれに付随して、センスを生み出す脳も重要になる。時代の流れからしても、センスがビジネスパーソンにとって重要なものになってくると考えられます。本書は、一見とらえどころのないセンスという能力を、「脳」を通じて視える化し、脳トレによって磨いていきます。ぜひ、実践して、皆さんのセンス・アップに役立ててください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • センスは脳で磨かれる

      (読中メモ)センス①現状を客観的に観察し、先を読むことができる。②重要なポイントを見極め、ムダなことをしない。③思考が柔軟で、臨機応変に対応できる。④アイデアがあり、クリエイティブである。⑤共感力に優...

      続きを読む
    • センスは脳で磨かれる

      現状維持ではなくさらなる成長を求めるためセンスを高める行動を心がけようと思った。日本人に多い人と同じが好ましい考えを改め自分はどうしたいか?の意識で物事に取り組みたい。

    セーフモード