【最新刊】泣きたくなるような青空

泣きたくなるような青空

吉田修一

528円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    旅ってやっぱりいいもんだ。そこには人や場所との出会いがあり、人や場所の匂いがあり、人や場所の声が聞こえ、人や場所の手触りがある。台北や博多の屋台で舌鼓を打ち、沖縄やマレーシアの真っ青な空に目を奪われる。旅に出ることが出来る、それだけで奇跡。ANA機内誌連載をまとめた、ベストセラー作家・吉田修一の素顔が垣間見えるエッセイ集。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/03/05
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 泣きたくなるよう...
      2021/01/25

      吉田修一(1968年~)氏は、長崎市生まれ、法大経営学部卒の小説家。芥川龍之介賞(2002年/『パーク・ライフ』)のほか、山本周五郎賞、大佛次郎賞、柴田錬三郎賞等の文学賞を受賞している。
      本書は、初出...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 泣きたくなるよう...
      2021/02/09

       ANAの機内誌「翼の王国」で連載のエッセー、三巻目。

       スッと読めて、頭からまたスッと出ていく軽い読後感が機内誌にちょうどいい。
       その頭に残らないなかで、ふといつかなにかの表紙で思い出すことがあ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 泣きたくなるよう...
      2021/02/24

      どんな世の中でも旅に出たい!旅心をくすぐるエッセイ25編。ANA機内誌連載をまとめたベストセラー作家の素顔が垣間見える第4弾。
      コロナ禍の今日、ちょっとした外出だけでも躊躇するようになった。ましてや旅...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード