【最新刊】現代中国の秘密結社  マフィア、政党、カルトの興亡史

現代中国の秘密結社  マフィア、政党、カルトの興亡史

安田峰俊 著

1,012円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天安門事件、新型コロナ流行、香港デモ、薄熙来事件、アリババ台頭、孔子学院――。激動する国家にうごめく「秘密結社」を知らないで、どうやって現代中国がわかるのか? 清朝に起源を持ちいまなお各国に存在するチャイニーズ・フリーメーソン「洪門」、中国共産党の対外工作を担う「中国致公党」、カルト認定され最大の反共組織と化す「法輪功」など。大宅壮一ノンフィクション賞作家が、結社の行う「中国の壊し方」と「天下の取り方」に迫り、かれらの奇怪な興亡史を鮮やかに描き出す。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/26
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 現代中国の秘密結...
      2021/02/09

      現代の中華圏(華人社会含む)に存在する”秘密結社”の現状と、その歴史的背景を解説する一冊。

      いろいろな秘密結社のことを扱っているのですが、犯罪的秘密結社と宗教的秘密結社を特に大きく扱っている。

      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 現代中国の秘密結...
      2021/02/24

      法輪功や青幇、中華人民共和国の衛星政党・中国致公党など現代中国におけるマフィアや宗教団体、政党など秘密結社的な性格を持つ団体の興亡史である。本書に著された各団体への理解において、著者の院生時代の研究テ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 現代中国の秘密結...
      2021/02/28

      現代における天安門事件の意義を描いた傑作ノンフィクション『八九六四』があまりにも素晴らしかった著者が中国の秘密結社をテーマにしたのが本書であり、もうタイトルを読むだけでワクワクしてしまう。

      対象とな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード