【最新刊】発達障害はなぜ誤診されるのか(新潮選書)

発達障害はなぜ誤診されるのか(新潮選書)

岩波明

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    よく耳にするようになった「発達障害」。が、その誤診率が高いことは知られていない。原因は、他の精神疾患との併存、症状の類似と複雑さ、医師の知識不足や臨床経験の少なさ……。長年、うつ病や依存症とされていたが実は違っていた、ということも稀ではない。第一人者が初めてその実態を報告する。患者や家族、医師も必読!

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/25
    連載誌/レーベル
    新潮選書
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント
    • 発達障害はなぜ誤...

      選書だと中には難しい本がありますが、本書はとても平易です。発達障害は生まれつきのものですが、うつ病、双極性障害などの精神疾患との並存も含めた鑑別の困難さ、犯罪や依存との関係を論じています。亡父は今思え...

      続きを読む
    • 発達障害はなぜ誤...

      脳科学と名乗る存在が感情や精神をさもキレイに解き明かしたように語るけど「事実はまったく異なっている。いまだに脳については、基本的なメカニズムについても、ほとんど解明されていない」と注意。症例の豊富な本...

      続きを読む
    • 発達障害はなぜ誤...

      発達障害かもしれない:成人期の発達障害 診療における問題点 発達障害と依存症 ASDとADHD:誤解 ASDの過剰診断 DBDマーチ 症状と問題行動が類似 ASDとADHDの症状比較 うつ病ではない:...

      続きを読む

    セーフモード