原発事故10年目の真実 始動した再エネ水素社会

原発事故10年目の真実 始動した再エネ水素社会

著:菅直人

1,287円(税込) クーポン利用で787円獲得へ
1%獲得

12円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 787(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

原発ゼロは達成できるその論拠、全廃炉へのすべて3.11で総理大臣だった私がいま言えること急成長する自然エネルギー、原発40年ルールと規制委員会の抑止力、民間企業が原発事業から次々撤退した意味……全廃炉しかない――180度方針転換して、分かったこと、してきたこと。「原発推進派は、安全面でもコスト的にも使用済み核燃料の処理でも八方ふさがりで、勝ち目はなくなっている。明らかに投了すべきなのに、しようとしない。往生際が悪いのだ。将棋では、投了した時点の局面を「投了図」と呼ぶ。プロ同士のハイレベルな闘いの投了図は、素人目にはどうして負けが決まったのか分からないことが多い。原発の現状も、それと似ている。専門用語も多いし、政治的にもデリケートな問題が多いので、明快に言い切ることが難しいのは事実だ。しかし私はこの本で、「原発ゼロ」が実質上、すでに実現しており、避けられない道だということを解説したい。将棋で言う投了図の解説を試みたい」◯原発ゼロでもCO2を削減し、全電力をまかなえる◯営農しながら発電するソーラーシェアリングの威力◯事故後に決めた3つの政策(「エネルギー基本計画の白紙」「保安院の廃止」「FIT制度の創設」)がいま効いている◯発送電分離・独立がなぜ重要なのか◯廃炉へ促す「原発一時国有化」のメリット◯フィンランドのオンカロ視察――使用済み核燃料の地層処分――

続きを読む