六人の嘘つきな大学生

著者:浅倉秋成

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    成長著しいIT企業「スピラリンクス」の最終選考。最終に残った六人が内定に相応しい者を議論する中、六通の封筒が発見される。そこには六人それぞれの「罪」が告発されていた。犯人は誰か、究極の心理戦スタート。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(23件)
    • 2021/05/04

      魚雷屋の読書録さんのレビューを読んで、久々に小説を買う。
      氷河期だった自分の就活時代を思い起こし、また自分の子ども達も就活を間もなく迎える年齢なので(こちらもコロナ氷河期)、疼くようなほろ苦さを感じな...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/02

      どんでん返しの連続で、ページをめくる手が止まらなかった。感想も、勢いで書くほどに。

      知らない人と顔を合わせたとき、どう思うでしょうか?
      いい人?それとも悪そうな人?

      人は見かけによらぬもの、なんて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/10

       作者は「就活」をしたことがあるのだろうか? 答え:「しました。大卒で就職して2年間勤めていました。なので今回の話は、当時の実体験や疑問と不可分なところがあります。」(KADOKAWA文芸WEBマガジ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード