【最新刊】教養としての「地政学」入門

教養としての「地政学」入門

著:出口治明

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界の今の見え方が変わる!地政学とは何か--?ナチスも利用した「悪魔の学問」ではない。ビジネスにも不可欠な「弱者の生きのびる知恵」である。出口治明が語り下ろす、目からウロコのエッセンス≫地政学はなぜ必要か?平たくいえば「国は引っ越しできない」から。≫「陸は閉じ、水は開く」--シュメール人のことわざに地政学の萌芽があった。≫「どうすれば、サンドイッチの具にならずに済むか、という問題」をめぐって、世界史の権謀術数は繰り広げられてきた。≫海上の覇権争奪戦に関係するシーレーン(海上交通路)において、「鍵をにぎるのが半島や海峡」である。≫「人間の真の勇気はたったひとつである。現実を直視して、それを受け入れる勇気である」 --ロマン・ロランの名言から、日本の今を紐解く。【目次】第1章 地政学とは?1.地政学の一般的な定義について2.地政学の最初の一歩3.日本で文明の第一歩は北部九州で始まった 他第2章 陸の地政学とは?1.どうすれば自分の住む国や地域がサンドイッチの具にならずに済むか、という問題2.ローマ教皇領を巡る攻防史3.フランス王家とハプスブルク家のサンドイッチ攻防史 他第3章 海の地政学とは?1.半島や海峡の重要性2.最も古くから発達し、近世まで世界の中心にあった地中海のシーレーン 他第4章 日本の地政学とは?1.日本が置かれている地政学的な現実2.これからの日本はどこと同盟を結べるのか、それとも「日本ファースト」か 他第5章 地政学の二冊の古典について1.マハンが着目した「シー・パワー」が与えた影響2.マッキンダーはなぜ「地政学の祖」と呼ばれるのか

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/26
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 教養としての「地...
      2021/04/02

      ある程度の世界史と地理の知識がないと全くチンプンカンプンだと思われるので、万人向け入門書ではないが、地政学を考える上で羅針盤となるような優良書。著者の博覧強記とわかりやすい教授力は驚嘆もの。このような...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 教養としての「地...
      2021/04/07

      出口さんの相変わらずの大きな歴史観に圧倒される。特に陸の地政学における「サンドウィッチの具」は出色。

      Posted by ブクログ
    • 教養としての「地...
      2021/04/12

      地政学を「ランド・パワー」「シー・パワー」に分けて論述しているものの、どちらかというと地政学を切り口にした歴史の考察、というべきものである。

      地理的関係が歴史にどういった影響を与えてきたか、という点...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード