【最新刊】失われた賃金を求めて

失われた賃金を求めて

イ・ミンギョン/小山内園子/すんみ

1,683円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「女性がもっと受け取れるはずだった賃金の金額を求めよ」 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』で鮮烈な印象を与えたイ・ミンギョン、次は男女の賃金格差に斬り込んだ!男女賃金格差がOECD加盟国中「不動のワースト1位」の韓国の社会事情は、「不動のワースト2位」の日本でも共感必至。賃金差別は存在する!

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/19

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 失われた賃金を求めて
      2021/04/08

      “この「それでも」の威力を、女性があじわう「とはいえ」とくらべると違いは歴然だ。男性なら多少能力が低くても、かなりの欠点がない限り、「それでも」人柄は悪くないから、みたいな理由で数多くの関門をパスする...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 失われた賃金を求めて
      2021/04/11

      対岸の火事ではない。これは、日本に暮らすわたしたちの話でもある。女性たちの置かれている状況が細やかに丁寧に書かれていて、反論しようがない。
      わたしたち、こんな不自由な暮らしを強いられているの?そうだよ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 失われた賃金を求めて
      2021/04/03

      となりの国のものがたりではなく、日本も同じ課題の中にあると思いました。ジェンダー平等はSDGsの目標のひとつでもあるし、女性が低報酬あるいは無償の労働の多くを引き受けている日常をまるごと受け入れている...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード