【最新刊】お江戸ふしぎ噺 あやし

お江戸ふしぎ噺 あやし

作画:皇なつき 原作:宮部みゆき

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

宮部みゆきの大人気怪奇小説が、皇なつきの手によって漫画化!背筋も凍る江戸の怪異譚と、美麗なビジュアルとの怖ろしくも艶やかなハーモニー。「梅の雨降る」「女の首」ほか、全五編を収録。

続きを読む
ページ数
211ページ
提供開始日
2021/02/25
連載誌/レーベル
角川ホラー文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
女性マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント
  • お江戸ふしぎ噺 ...

    久々に角川ホラー文庫でコミックの作品登場。 原作を読んだ記憶があるような、無いような曖昧な感じが残ったけど、画で見ると視覚的臨場感が強く伝わって来て、原作を再度読み直したくなった。 宮部さんらしい不思...

    続きを読む
  • お江戸ふしぎ噺 ...

    原作、たぶん読んでないと思うんだよなー。軽いぞわぞわ感と宮部さんらしい世界観。ホラーは美しさと恐ろしさが同居してると思ってる。こういう系のお江戸もの、もっと読みたくなってきた…!(いま、全く逆方向な海...

    続きを読む
  • お江戸ふしぎ噺 ...

    原作は既読。漫画になると、別の違った魅力がある。特に灰神楽は、灰が立ち上る様が文章よりも臨場感があってよかった。かぼちゃの神様も可愛くて良き。

  • お江戸ふしぎ噺 ...
    ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • お江戸ふしぎ噺 ...

    「蜆塚」のラストのアレンジが良い。「女の首」原作もコミカライズも好き。

セーフモード