【最新刊】日本書紀「神代」の真実 - 邪馬台国からヤマト王権への系譜 -

日本書紀「神代」の真実 - 邪馬台国からヤマト王権への系譜 -

伊藤雅文

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「天照大神の天岩屋戸隠れ」「素戔嗚尊八岐大蛇退治」「出雲の国譲り」「天孫降臨」「海幸山幸」……。多くの方が耳にしたことがある日本神話のタイトルである。『日本書紀』は、神武天皇が初代天皇として即位される前の日本についても書き記している。天地開闢以来のさまざまな出来事であり、いろいろな個性(神性)を持った多くの神々が登場する。これらの神話はすべて創作であるとされてきた。だが、本当にすべてが架空の物語なのだろうか。本書は、神代の物語にも何か下敷きとなる出来事があった。さもなければ、これほど具体的で生き生きとした物語を紡ぐことはできない、と考える著者が、神代の真実の系譜を復元し、初代天皇の即位=ヤマト王権の誕生以前の日本で何が起きていたのかを解き明かす、意欲的で刺激的な一冊である。発行:ワニ・プラス発売:ワニブックス

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/25
    連載誌/レーベル
    ワニブックスPLUS新書

    レビュー

    レビューコメント
    • 日本書紀「神代」...

      古代史初心者の身としては驚く話。事代主神が、日本書紀編纂者たちが残した歴史の真実を解き明かす鍵だったとは… 大和政権を建てたのが神武天皇=彦火火出見だったというのは、かなり一般的な解釈になりつつあるの...

      続きを読む
    • 日本書紀「神代」...

      とあるシリーズ物を読んでるうちに、日本書紀と古事記が気になって手に取った本のひとつ。『古代神話=創作ファンタジー』と勝手に思い込んでいたけど、作り話を書くにしても何か基本となる出来事、モデルとなる人物...

      続きを読む

    セーフモード