世界の歴史(4) 唐・シルク=ロードとイスラーム教の発展 四〇〇~八〇〇年

監修:羽田正

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 545(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

古代の帝国が滅び、新たな秩序がユーラシアに打ち立てられる時期です。東アジアでは隋と唐という帝国ができ、西アジアから地中海南岸ではイスラーム教を奉じるウマイヤ朝が広大な地域を支配します。ローマ帝国は東西に分裂し、ビザンツ帝国とフランク王国が成立します。これらユーラシア各地を結ぶ陸と海の交通路であるシルク=ロードを通って、多様な商品や文化が活発に行き交いました。

続きを読む
  • 世界の歴史 全 20 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    世界の歴史 全 20 冊

    20,900円(税込)
    209pt獲得

レビュー

レビューコメント
  • ローマ帝国の分裂、シルクロード、イスラム教の興り、隋唐の興亡。 オリエントを中心にして、東西の交流が盛んになってきたこの時代。 後の世界宗教となるイスラム教も生まれた。 交流が盛んになるに従い文化や宗...

    続きを読む

セーフモード