ワンさぶ子の怠惰な冒険

宮下奈都

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北海道トムラウシの山村留学から福井に帰ってきた宮下家。当時、子供たちの妄想(脳内)犬だった白い柴犬ワンさぶ子を本当に迎え、すっかり家族の一員に。3人の子供たちは、大学生、高校生、中学生となり、思春期真っ只中。それぞれが自分の道を歩き始めていく。広がる世界、かけがえのない音楽、しなやかに自由を楽しむ、宮下家5人と1匹の3年間。『神さまたちの遊ぶ庭』に続く、しあわせ感じる家族エッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(9件)
    • 2021/03/26

      もともと宮下さんの作品、小説エッセイともに大好きなのですが、本当にこのエッセイはクスッと笑えてポロポロ泣ける良質なエッセイ。
      ワンさぶ子の話というよりも、ワンさぶ子を含めた宮下家の3年間。
      宮下さんに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/05

      宮下家の愛犬ワンさぶ子と宮下奈都さんのご家族5人の日々の暮らしを描いたエッセイ。
      気がつけば、お子さん3人は上の子は成人し、末っ子ちゃんも高校生と大きくなった。
      その子その子で性格が違うけど、しなやか...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/04

      宮下奈都さんの、柴犬、大学に行く長男、大学受験挑戦の次男、高校受験の長女、小説家としての仕事。

      何と言ったらいいか。都合のいいことも悪いこともさらけ出しつつ、読む者が癒やされるある意味究極のエッセイ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード