きみは「3.11」をしっていますか? ~東日本大震災から10年後の物語~

細野不二彦(漫画)/平塚真一郎(ノンフィクション)/井出明(解説)/河北新報社(特別協力)

1,386円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 886(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。約1万6000人。これは2011年3月11日に起きた東日本大震災で亡くなった人の数です。観測史上最大規模の地震です。巨大な海洋プレートがはじけ、大きな津波が太平洋沿岸部を襲いました。千年に一度の災害と言われています。日本は災害のとても多い国です。この国に暮らす限り、誰しもが災害からは逃れられません。むしろ「いま生きていることの方が奇跡」なのかもしれません。※この作品はカラーが含まれます。【プロフィール】漫画 細野不二彦『さすがの猿飛』『Gu-Guガンモ』のアニメは全国放送。『ギャラリーフェイク』『TARO 太郎』にて小学館漫画賞を受賞。小学館漫画賞審査員。漫画界のトップランナー。ノンフィクション 平塚真一郎 中学校長と石巻市立大川小学校の事故遺族という両方の立場から、学校安全について講話等を行っている。インタビュー 河北新報社(特別協力)「河北新報」を発行する東北を代表する新聞社。震災後の精力的な取材報道に力を入れる。解説 井出明 金沢大学准教授。博士(情報学)。日本に「ダークツーリズム(災害や戦争の跡をめぐる旅)」を広めた気鋭の観光学者。震災後の観光と復興に関する研究を行う。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 2021/07/13

    復興地において10年という区切りは何の意味も、もたない。

    体験談として、胴体の一部が失われた愛娘との再開のシーンがあるが、込み上げるもの無くして読むことはできない。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード