【最新刊】現代語訳 文明論之概略

現代語訳 文明論之概略

福澤諭吉/齋藤孝

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    維新から間もない激動の時代に書かれた『文明論之概略』は、「人類の目指すべき最大の目的」としての文明の姿を鮮やかに描くと同時に、当時の日本が置かれた状況を冷徹に認識して、「自国の独立」の重要性を痛切に説く。物事の本質を見抜き、時代を的確に捉える知性。巧みな例示とリズミカルな文体。福澤諭吉の最高傑作にして近代日本を代表する重要著作が、いま現代語でよみがえる!

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/26
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 現代語訳 文明論...
      2014/03/14

      偉大な思想家であるというのは知っていたが、実際に読んでみると思っていたよりもずっと自由であることがわかった。大事なのは文明を発達させることであり、それ以外は手段にすぎないという。福澤の考えはなんという...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 現代語訳 文明論...
      2018/06/16

      徳があっても智慧がなければ意味が無し。
      1つ1つの説明が冷徹なんだがユーモアもある。現代訳してくださった方の功績でもあるが、例えを使った説明が分かりやすく、とにかく読みやすい。

      Posted by ブクログ
    • 現代語訳 文明論...
      2020/11/25

      福沢諭吉の代表作『学問のすすめ』『福翁自伝』と並ぶ作品。この本は明治8年に書かれたものだが、この時点で福沢諭吉が西洋のことをかなり詳細に知っており、かつ日本の置かれている立場も的確に認識していることに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード