抄訳 渋沢栄一 『至誠と努力』

渋沢栄一/奥野宣之

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本史上最強のビジネスマン・渋沢栄一の生き方、働き方104の教え!農民の子として生まれながら、尊王攘夷思想に傾倒し城の乗っ取りを計画するも中止。そこから一橋家の家臣となって幕臣になり、認められてパリの博覧会へ派遣され、明治維新後に帰国。大蔵省の官僚になるものの辞職して日本初の銀行の設立に尽力。100年後のいま、日本資本主義の父と称される渋沢栄一。なぜ彼はこんな人生を送ることができたのか。本書は渋沢栄一75歳の時の講話録『至誠と努力』からその人生観や仕事観が凝縮された言葉を厳選し、現代を生きる人たちへ向けたメッセージとして編訳しました。====「男としてこの世に生まれた以上は、その体力が及ぶ限り、その能力が働く限り、その事情の許す限り、できるだけ多くの大きな仕事をする――。これに何の問題があるか。自分のためにも社会のためにも、もっと大きな功績を残そう! こういうのが本来の志というものだ。(略)」「月給が少ないから これだけの仕事しかしないとか、ボーナスをくれないから働かないとかいうのはダメだ。これは報酬に忠実ではあるが、仕事に対する誠意が欠けている。(略)」 「(略)失敗や成功というのは、精神の安らぎを得られるか、そうでないかにかかっている。たとえ巨万の富を築いても、そこから揺るぎない心の平穏を得られないとすれば、結局その人は失敗者だと断言していい」====本書では生涯500を超える企業の設立・運営に携わったといわれる渋沢栄一の仕事論、修養論にはじまって、金銭論では富のとらえ方、日露戦争直後の日本の発展、そして人生における成功と失敗など幅広くその人生哲学を現代語訳としてよみがえらせました。幕末から明治、大正、昭和まで激動の時代の日本を生き抜いた渋沢栄一の言葉の数々は、コロナ禍の令和時代を生きる私たちを力強く励ましてくれるはずです。≪内容紹介≫1章 仕事論―頼りにされる人になるために2章 修養論―どのように人として成長していくか3章 金銭論―カネの魔力に狂わされないために4章 社会論

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード