ヤマケイ文庫 原野から見た山

著:坂本直行

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。北の大地に生き、日高の山々を愛した画家の代表的画文集。待望の文庫化。北海道の大地に生き、日高の山々を愛した画家の代表的画文集。若き日の山の追憶から昭和三十年代の紀行までの二十六篇を、力強く明快な山岳画や植物のスケッチとともに収録する。開拓期の北海道の山や原野、開拓農民、造材労働者、アイヌの人たちなど、北の大地とそこに生きる人々の姿がユニークな視点から生き生きと描かれた、北海道の山の文化を代表する名著。■著者紹介坂本 直行(さかもと なおゆき)1906(明治39)年生れ。北海道大学農学部実科卒業。在学中は山岳部員として活躍。30(昭和5)年北海道に帰り、広尾で友人が営む野崎牧場で働く。36年同町下野塚の未開拓地に入植し開拓に従事。困難な生活の余暇に日高など北海道の山野を主題に、絵筆をとり続け、雑誌「山」などに作品を掲載する。60(昭和35)年、山岳画家として立ち、農業から離れる。著書に『山・原野・牧場』『雪原の足あと』『開墾の記』ほか。82(昭和57)年逝去。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 2021/03/05

      十勝 広尾から見た日高山脈に感銘を受けた坂本直行氏の生涯での登山記が中心の内容です。道内の自然の雄大さ・様々な山の違いが文章から感じられ、どんどん引き込まれていく作品でした。

      一時期、十勝に住んでい...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード