【最新刊】最後の紫電改パイロット

最後の紫電改パイロット

笠井智一

913円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    令和に生きるサムライが私たちに贈る言葉──墜とすか墜とされるか。究極の大空の戦いに際し、空戦奥義を発揮して敵機をつぎつぎと屠った戦闘機搭乗員の沈着冷静、闘魂あふれる激闘の日々。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/09

    レビュー

    レビューコメント
    • 最後の紫電改パイ...

      長身の割に童顔という印象を持っていた人だけど終戦時19歳とは驚いた。選りすぐりの戦闘機乗りを集めた三四三空の人たちも二十代前半の人たちばかりだったのだな。子供の頃、漫画(紫電改の鷹)に胸躍らせたものだ...

      続きを読む
    • 最後の紫電改パイ...

      著者の訃報をネットニュースで目にしたため、積んであったこちらの本を読むことに。 菅野さんや杉田さんなどの操縦の腕も良く人格も素晴らしい戦友が次々と戦死していくのに胸が痛くなった。 飛行機乗りは優秀な人...

      続きを読む
    • 最後の紫電改パイ...

      先日亡くなられた笠井氏の冥福を祈って。負け続けている局面でのパイロットの生活や当時十代だった一下士官の考えたことが分かって興味深かった。菅野直や杉田庄一も頼れる上司として出てくる。敵機の死角を狙ったり...

      続きを読む

    セーフモード