【最新刊】学校のセンセイ

学校のセンセイ

著:飛鳥井千砂

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「そうなんだよ。面倒なんだよ。教師って」 なんとなく高校の社会科教師になってしまった桐原。 行動原理はすべて「面倒くさい」。 適当に教師生活を送ろうとするものの、なぜか周囲の人間たちが彼に面倒ごとを持ちこんでくる。 酔うと“女モード”に変身する友人、素行不良の生徒に、一方的な好意を寄せてくる生徒、神経質すぎる同僚の教師に、ヘンな格好をした隣人……。 小説すばる新人賞作家が描く、誰よりも“教師らしくない”青年の、誰よりも“センセイ”な日々。

    続きを読む
    提供開始日
    2021/02/12
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(79件)
    • 学校のセンセイ
      2010/10/19

      ちょっと冷めてて面倒臭がりな、高校の社会科教師、桐原が主人公。
      なんだか悪い先生のように聞こえるかもしれないけど、決してそうではない。
      大きな面倒事にならないようにはちゃんと行動するし。
      自分で思って...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 学校のセンセイ
      2012/01/25

      飛鳥井千砂さん3冊目です。
      タイニータイニーハッピー、アシンメトリーが非常に面白かったので、
      特に裏のあらすじも読まずに購入しました。

      今作も妙にリアルな心理描写にすいすい読ませてもらいました。
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 学校のセンセイ
      2020/08/05

      主人公の桐原一哉は高校の社会科の先生で、何かあるといつも面倒くさいと思ってしまいます。その先生の周りで色々問題の抱えた先生や生徒、同郷の女の友人や飲み屋で見かけたポスターカラーの女の人が、面倒なことを...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード